夫の頭部、気になってませんか?薄くなり始めているような気がする…もしかして、ハゲ?と。もしかしたら貴方の夫はAGAかもしれません。AGAになりそうな人、なっている人を夫にもつ方は是非当サイトでAGAの原因・改善について学んでください。

夫のAGAで悩む奥さん

何が原因でAGAになってしまうのか

AGAは遺伝や男性ホルモンによって引き起こされる症状ということは、インターネットの情報でもかなり言及されているので理解できるとは思いますが、その原因となるものがどんなものなのかについて理解している人は少ないようです。
遺伝については、両親や祖父母がハゲていると、子どももハゲやすいという話がありますが、これは優性遺伝によって感受性の高い男性ホルモン受容体が残りやすいというもので、遺伝しただけでハゲるというものではありません。
遺伝 また、男性ホルモンが原因となった場合でも、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が毛髪のヘアサイクルを狂わせる要因となりますが、この物質単体では効果を発揮しません。

AGAの症状が起こるメカニズム

男性ホルモンとは、テストステロンと呼ばれるものが95%を占めており、このホルモン自体には男性らしい体つきや毛を濃くする作用はあっても抜け毛を誘発するような作用はないのです。
しかし、毛乳頭細胞に存在する5αリダクターゼと呼ばれる物質を変化させる酵素にテストステロンが結びつくことで、ジヒドロテストステロンに変化します。これが毛母細胞に移行すると男性ホルモン受容体に結合し、毛髪の成長因子に影響を与えて、ヘアサイクルを狂わせると同時に成長を阻害し、脱毛が起こりやすい状態にしてしまいます。
こうした要因が重なることでAGAが発症するのですが、全ての人が等しく起こるわけではなく、毛髪が成長しやすい頭皮の環境であれば、抜け毛が増えても髪の毛も同時に増えるため、ほどよいバランスで保たれるようになります。

ちなみに、5αリダクターゼは頭頂部と前頭部に集中しており、その結果、AGAは頭頂部と前髪の生え際となる前頭部のみ薄毛が広がり、徐々に進行して行くようになります。

抜け毛を減らす、AGAを治すには?

家系に薄毛の人がいる場合や、髪の毛以外の体毛が濃い方、もともと髪の毛が細い方の場合には、今は薄毛でなくとも、日頃から適切なケアをすることが大切になってきます。
他にも、過度の飲酒や禁煙、食生活の欧米化や偏食、ストレス環境、運動不足や睡眠不足なども、薄毛や抜け毛の「後天的要因」となる場合があります。

現在、薄毛に悩んでいる男性は、日本国内に約1,000万人以上と言われていますが、そのうち90%以上はAGA(男性型脱毛症)が原因であるとされています。
日本国内の薄毛に悩む人々 AGA(男性型脱毛症)の治し方は、根本的には、男性ホルモンを抑制することで、そのためにはAGA(男性型脱毛症)専門のクリニックやサロンで、男性ホルモンを抑制するためのAGA治療薬を服用する必要があります。
薄毛の主な原因は、頭皮の5αリアクターゼという酵素が男性ホルモンと反応することで、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる抜け毛を促進する物質が生まれることにあります。AGA治療薬には、この5αリアクターゼの発生を抑制し、髪の毛を自然な発毛サイクルに戻していき、抜け毛を減らしていくという効果があります。
また、服薬と併用しながら、脂質の多い食べ物を避ける、頭皮の血行を促進させるために毎日入浴を行い、睡眠時間をしっかり取るなど、これまでの生活習慣を改善していくことで、さらに効果的に脱毛を抑制することができます。

プロペシアやミノタブなどのAGA治療薬

AGA治療薬の処方AGAの治療薬には、抜け毛予防や発毛効果のある成分が含まれており、その種類は多種にわたります。市販薬で有名なのはリアップという育毛剤ですね。
AGA治療薬は病院などでも処方されており、専門クリニックなどで処方してもらうことができます。一体どんな薬があるのか、ネット上でよく名前が上がることの多い「プロペシア」と「ミノタブ(ミノキシジルタブレット)」についてご説明していきましょう。

プロペシア

プロペシアは、これを服用することで毛周期を正しくし、発毛を期待することが出来ますが、男性機能を低下させてしまうといったプロペシアの副作用が在る事、また他の薄毛の治療には効果が無いなどの特徴が在ります。
そのため、治療を開始するためには遺伝子検査を受けて本当にAGAの症状なのかどうかを確認する事、薬の副作用におけるリスクを検査して貰う事、薬の有効性を調べるなどを行った上で、治療方針を定める事が大切です。
因みに、プロペシアは専門医の処方が必要となる医薬品なのですが、個人輸入代行を行っている通販サイトでは、プロペシアのジェネリック医薬品を購入することが出来るようになっています。

AGA治療は自由診療の扱いになるので、治療費や薬代などは全額自己負担となりますが、ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも安く購入が出来ますし、薬の効果も先発医薬品と同じなので、ジェネリック医薬品を使う事で安い費用で治療が可能になると言うメリットが在ります。
しかし、プロペシアはAGAと言う薄毛に対しての効果が在る医薬品となりますし、EDや性欲の減退、精子量の低下などの副作用が在るため、最初に行うべき事というのは専門クリニックでの遺伝子検査、そして医薬品の効果や副作用を調べておくことが重要であり、家族が薄毛の症状を引き起こした時は、検査を受ける事が大切です。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)

ミノタブはミノキシジルという主成分を配合している飲み薬であり、ミノキシジルというのはAGAに対して高い効果を持っている成分として薄毛治療でも用いられています。
ミノタブは飲むタイプの薬の為、体の内部から作用するのが一番の特徴です。通常、ミノキシジルを用いる方法としては発毛剤として外用しますが、外用の場合ですと効き目が落ちてしまいます。頭皮のバリア機能によって成分が上手く浸透し難くなりますし、また付け方を誤ったりすると本来の効果を発揮させることができないのです。
その点、ミノタブの場合は飲むことによって内側から毛根に作用させることができますので発毛剤よりも高い効果を発揮しますし、さらには飲むだけですから誰でもミノキシジルを有効に作用させることができるのです。

ところがミノタブは副作用が強いというデメリットがあります。元々ミノキシジルは副作用がある成分ですので、頭皮に塗布する場合もかぶれやかゆみなどの副作用が起こることがありますが、内服をした場合はもっと強い副作用が出てしまうのです。
例えば動悸を発生させたり、余計な部分の体毛まで濃くするなどの作用が出ますので、時には健康を害してしまうこともあります。
効果の高さで言えばミノタブは確かにAGAに有効ですが、しかしながら安全に使用することも大事ですので、比較的人体に優しい発毛剤で対策をするのが良いと言えるでしょう。