夫の頭部、気になってませんか?薄くなり始めているような気がする…もしかして、ハゲ?と。もしかしたら貴方の夫はAGAかもしれません。AGAになりそうな人、なっている人を夫にもつ方は是非当サイトでAGAの原因・改善について学んでください。

夫のAGAで悩む奥さん

AGA治療薬の飲み薬と塗り薬のメリット・デメリット

男性型脱毛症の治療薬としては、フェナステリドが含有されているプロペシアなどが有名なものとなっていますが、その他にもデュタステリドなどの治療薬も登場しています。
プロペシアやデュタステリドは錠剤型で経口服用するAGA治療薬となります。
薬のタイプとしては飲み薬と塗り薬のタイプがあって、それぞれにおいてメリットやデメリットがあります。

飲むタイプのものは、有効成分が全身に行きわたるために、身体の内部から治療することが可能で効果としても現れやすいメリットがあります。
錠剤であれば使用方法としてもとても簡単なものであるということができますので、決まった時間に飲むだけで済むということで服用を継続しやすいものとなります。
飲み薬のデメリットとしては、有効成分が身体の全身に行きわたってしまうことが、逆に副作用が発症してしまったときに症状が大きく出ることが考えられます。
体毛が濃くなってしまったり、持病を持っている人の場合には服用ができないことも考えられます。

塗り薬の場合には、気になる箇所だけに直接的に塗布することが可能なので、部分的な治療ができる点がメリットとなります。
飲み薬のように全身に対して有効成分が行きわたるといったことは期待できませんので効果は小さくなりますが、その反面として副作用についても現れにくいものと言えます。
塗り薬のデメリットとしては、肌が弱い人であったり、相性が悪い場合には皮膚の炎症やかゆみを発症させてしまうことが挙げられます。
AGA治療薬としては、飲み薬に対して塗り薬のほうが割高になってしまうこともデメリットと言えます。
プロペシアやデュタステリドのような飲み薬のほうが、安い価格で購入することが可能ですので、値段が安いことによって服用が続けやすくなります。

飲み薬も塗り薬もそれぞれメリット・デメリットがありますので、そこを理解した上で自分が使用しやすい方を使うようにしましょう。
AGAの治療は長期にワタって行なうものになりますので、自分に合わないと思ったら途中で塗り薬から飲み薬に変更してみるのも良いでしょう。